核兵器禁止条約 マルタが批准

国連が定めた「国際平和デー」に当たる9月21日、地中海の島国マルタが核兵器禁止条約の批准書を国連に寄託しました。

これにより核兵器禁止条約を批准した国は合計45カ国となり、条約発効に必要な批准国数50か国まで、あと5ヵ国になりました。

マルタのバルトロ外相は、「各不拡散と世界的な軍縮は、すべての人々と次の世代により安全な未来を保証するうえで極めて重要であり、今回の条約批准は、それに向けたマルタの揺るぎない誓約を証明するものだ」と語っています。